感情ってさ 地球人独特のものなんだ

この肉体があるから 喜怒哀楽という感情を味わうことかできる


高次元では この感情を味わうことはできない

だから 誰もが わざわざ次元を落とし この小さな肉体に入り 感情を体験しにくる



数日前まで

ネットからもスマホからも完全に離れ

情報を遮断して 大好きなガーデニングに没頭してた


FullSizeRender


大好きなことをしてると 時間も忘れる

ただあるの世界


いまここは ただあるの世界


いまここ 瞬間瞬間にいるだけで

過去を書き換えることもできるし 

未来も創造することもできる


潜在意識(無意識)といわれるものさえ

自分でコントロールできる世界


それがいまここである


いまここに 過去も未来もある


潜在意識(無意識)は コントロールできないと言っている人もいるよね

 

人間が覚醒しないようにだよ


誰もが 潜在意識(無意識)を自由自在に扱うことはできる


その方法を知らないだけ


私は その潜在意識を使ってお志事してきた


潜在意識を使わないと

お志事は成し遂げられないことばかりだよ


お志事の時は 潜在意識を使ってるので こんな写真がフツーに撮れる


FullSizeRender



FullSizeRender


FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender

鳳凰の顔↓
IMG_6096

カメラ目線↓(笑
FullSizeRender


誰かに頼ることなく 自分で簡単に過去は書き換えられるんだよ


どんな辛い過去でも ただの思い出に変わる


これが過去の書き換え



私は瞑想はしない

深〜い深呼吸を数回するだけ


息を吐ききったときの心地よさに 息を吸うのを忘れちゃう


あわてて 息を吸う

そんな自分がおかしくて 笑けてくる



感情体験の中でも恍惚感を味わうことが

私たち人間が求めていることなのかも知れないなぁと 最近思った



私が 人生で初めて恍惚感を体感したのは 

1人目の出産後 世界がマゼンダ色だった

かれこれ 二十数年前の出来事


2人目の出産では その恍惚感は当たり前になっていた


3人目では その恍惚感さえ日常になってるから気づかない


人は慣れたら 恍惚感がフツーになるんだなあと気づいた


命を産みだすということは ほんと凄いこと



ここ数年は

お志事するたび この世界に入っていた

私以外何もない世界 

音すらない世界

みえている全ては ホログラム



目にみえている出来事は ただ起きているだけ

そこに感情を乗せているのが人間


自分に影響するものは 何一つない

そこは 息を吐ききった先の世界でもある



外からの情報を一切遮断した数日間で気づいたことがある


それは


この恍惚感を体感するために 地球へきたんだなぁと


この恍惚感を私は体感したかっんだよ

これが 悟りというもののひとつかもしれない


                       



人生のどん底にいたとき 死を選択したことがある


その時に 不思議な体験をしてるんだ


霊体の自分の足にヒモのようなものがついていた


そのヒモが邪魔をして 先へ進めない


そのヒモを辿っていくと はるか下で寝ている自分と繋がっていた


力強い声が響いた


「そのヒモを切ってはならぬ」


あっ このヒモね

とヒモに意識を向けた瞬間 肉体へと戻った


この肉体へ戻る時の体感は

後ろ向きのジェットコースターに乗ってる感じよ


まさしく後ろにスコーンと落ちる感じ


寝てる時とかない?

スコン!と落ち 身体がビクッと反応すること


あんな感じよ


この体験を通して 

死なせてもらえないんだな

と思った


ならば 生きてやる!

生き抜いてやる!と決めた



その後かな

メッセージをもらったのは↓


この肉体を脱いだとき

本当の姿を皆にみられることになる

その時に恥じぬように生きろ



人は覚悟を決めたら 流れが変わるんだよ



死ぬことしか考えてなかった毎日が

生きることを決断した出来事だった



☆      ☆      ☆      ☆     ☆



子どもの頃から 千年後の未来にいることが度々あった


そこで語り継がれていることがある


「この時代(令和)を生きた人たちが 流れを変えたんだよ」



その転換期を私たちは生きてる

私たちの生き様が 未来へと語り継がれてるんだよ


私たちは 時代の転換期の先駆けを生きている



ただあるの世界は

この肉体があるからこそ体感できる


時空を移動する時も 周りが波打つ

この体感ができるのは この肉体があるから


地球はなんて素晴らしいんだろう


この地球でしか出来ない学びを経て

次のステージ新生地球へと進む


新生地球…

私にとって これが最後の地球


だからこそ 思い残すことなく やりきる!




冬至のお志事のために 自分を整えてます


すでに 伝えるべきことは 書いてるからさ


スピ系から離れると 幸せしかない世界だったと気づくからね


アメブロにも書いたけど


肉体を簡単に明け渡すんじゃないよ


あやつらは

あの手 この手とやり方をかえてくる


どんなエネルギーも身体に何も入れないこと!

むしろ入れる必要などない!


自分の身体は自分で守る


依存からの卒業だよ



そして 

特別な人などいない!


太陽は 誰にもどこにも平等に降り注いでるでしょ


自分がやりたいこととは

どうあるべきか?

どうしたら 皆が喜ぶのか?


「いまここ」しかない